記事一覧

GPキューブ

ファイル 642-1.jpegファイル 642-2.jpeg

こんにちは!
鈴鹿営業所の鎌田と申します。

今回は、徘徊感知器に分類されます「GPキューブ」について紹介致します。

一体どのような商品かといいますと、GPキューブにはGPS機能が付いているため、身につけて外出をすると、あらかじめ登録されたスマートフォンへお知らせが届く仕組みになっています。
徘徊しても、迷子になっても、スマホで検索すれば大切な方をすぐに見つける事が出来ます。

超小型の端末なので、靴をはじめ、様々なグッズに組み込むことが出来ます。
靴底に、GPキューブがぴったりと埋まる設計になっている専用シューズもありますので、こちらも併用して利用されるのも一つの手かもしれません。

介護保険適用商品とチラシには書かれていますが、利用可否は一度お住まいの保険者や、担当の福祉用具専門相談員へ問い合わせをお願い致します。

「ヒートショック」にご注意を!!

ファイル 641-1.jpg

こんばんは!
鈴鹿営業所の宇佐美と申します。

2018年も残すところあと1ヶ月となり、今年もあっという間に1年が過ぎていったように思います。

さて、毎年冬になると注意喚起させていただいていることが「ヒートショック」です。

今年は気象予報では暖冬とのことですが、朝晩は冷え込む日が多くなってきました。

入浴時や夜間の排泄など、急激な温度変化が引き金となり血圧の急激な上昇や下降が生じます。
その結果、心臓に負担がかかり心筋梗塞や脳血管疾患を起こしてしまいます。

ヒートショックや心臓への負担を起こさないように予防するためには、
【入浴時】
・脱衣場と浴室を十分に暖め、温度差を少なくする。
・お湯の温度は40℃程度にし、長湯は避ける。
・入浴前後にしっかりと水分補給を行う。
【夜間の排泄】
・寝室からトイレまでの移動距離を短くする。
・体温を下げないように上着を羽織る。
・トイレ内に暖房器具等を設置して暖かくする。
・便座に座った時に冷たくないように、暖房便座や便座カバー(シート)を使用する。
・いきみ過ぎないように気をつける。

一部ではありますが、このような対策があります。

寒い冬を安心してお過ごしいただけるよう、ご利用者様のご自宅へ訪問させていただく際に積極的に注意喚起させていただきたいと思います。

冬も出かけよう!!

ファイル 640-1.jpg

お疲れ様です。
鈴鹿営業所の今岡です。

11月も今週で終わり、やがて12月が来ます。ついこの間まで夏だなー、暑いなーとか思っていましたが、時間が過ぎるのは早いです。
それと同時に急に寒くなりましたね。特に朝晩の寒暖差には若干30歳の私の体にもこたえます。
皆様インフルエンザの予防接種はもう済ませましたか?早めの予防が大事です。

さて、とりとめもなくなってきましたので本題です。

冬だから寒いし外出が億劫になる。だから外にはあまり出ない。これはこの時期利用者様から聞く事が多いです。私も出たくないと思う日はあります。

だからと言って出ない訳には行きません。私個人の考えですが、出れる方は積極的に外出する事は非常に大切だと思いますし、生活にメリハリを付ける事はとても良い事だと思っています。

そんな中先日、杖のレンタルの相談がありました。簡単に言うと、中外兼用で使いたいが、1本杖だと不安。でも常に持って歩く事になるので大き過ぎるのはちょっと。このような内容でした。

私は取り扱いのあるカーボン4点杖と4ポイントステッキを提案し、結局カーボン4点杖を利用いただく事になり、今に至ります。

しかし利用者様から問い合わせがあり、「軽いし小さめなので重宝しているが、足が微妙に稼働するのが使いづらい事もある」こんな内容の問い合わせでした。

その方は結局今もカーボン4点杖をご利用になっており、それ以降のやり取りは現在のところまだありませんが、10月に行った展示会でなんとなく目に入った4点杖があったので少し紹介します。

ユーバ産業から出ている、「2ウェイステッキ」です!
※細かい詳細は資料を添付しますので、そちらもご覧ください。

この杖は、接地面下部にある可動・固定切り替えレバーを回す事で、可動式と固定式とで切り替える事ができます。
使用する場面やお身体の状態に応じて使用者が使いやすいようにできる事が売りです。

レンタルに必要なtaisコードは取得している商品になりますし、購入される場合でもそこまで高額ではありません。

長々と書きましたが何が言いたいかと言うと、外に出る手段は様々でその際に使用する物も人によって違うと思います。
お身体に会った商品を利用して安心して外出する。外出するのが怖いや面倒な気持ちも私たちの提案で何か変わるかもしれません。

これからもニーズをしっかりと聞き取り、その方の生活を支える相談員で在りたいと思います。

以上、今岡の独り言でした。

鈴鹿営業所 今岡

電動四輪車の運転にはご注意を

ファイル 639-1.jpg

こんにちは、伊勢営業所の藤原です。

気温が下がってきて朝、動きたくない日も多くなってきましたね。
気温低下からなのか、冬には歩きにくくなる利用者様が多い様な印象があります。
先日も床屋さんまで行きたいのに、歩くとふらついてしまうので何とか安全に外に出たい というようなご相談が入ってきました。
その方の目指す床屋さんまでは少し距離がありましたので、歩行器ではなく電動四輪車のアセスメントを行いました。
近頃街中でもよく見かけるようになった電動四輪車ですが、慣れていないと事故を起こしてしまい、歩行器等ではあまり無い 他の人を巻き込んだ事故も起こし得ます。
ハンドル・レバー操作や走行時は右側を走らないといけない・・・、様々な注意点があります。急発進により、前方の建物等にぶつかってしまう事も考えられますね。先日 アセスメントした方も運転操作は大丈夫だったのですが、最後 駐車する際にイメージよりも車体が早く進んだのか駐車場所にあった物に少し車体を擦ってしまいました。
今回は車体を擦っただけで大きな事故はありませんでしたが、もし交差点で今回のような事があれば命に関わる事故に繋がる可能性もありますね。。

弊社では、電動四輪車のアセスメント時にはチェックシートを用いて操作への理解等々様々なチェックを行い、そこから導入するかどうかを見極めます。
安心安全に福祉用具を利用して頂けるように、そして今回の件を繰り返さないよう私も気を付けてアセスメントを行っていきますので、皆さんも是非、事故のないように一緒に気を引き締めてアセスメントを行っていきましょう。

介護の日

ファイル 638-1.gif

こんにちは~
桑名営業所の水谷です!!

本当は8月の地元の祭でも記事にしようかと思ったのですが
時がたつのは早いもので、もう11月ですね。寒くなりました。。

さて、11月11日はポッキーの日!!
と同時に、実は「介護の日」でもあるんです!!!

「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」の語呂合わせです。
介護についての理解と認識を深め、介護従事者とご利用者様・ご家族様を支援する、
そして地域社会における支え合いや交流を促進するための日として2008年に厚労省が制定したものです。

他には
3月15日(みな、かいご)、4月4日(より良い介護)、11月15日(いいかいご)等の候補もあったようですよ!
実は先に述べた祭の練習で、私も利き手の親指を骨折しまして、
今まで普通にできていたことが、こんな小さな骨折でできなくなったり時間がかかってしまったりするんやなぁ、とつくづく感じました。。。
仲間にはかなり迷惑かけて反省していますが、より利用者様のこと、介護者様のことを深く感じられるようになったかと思います。
あと両利きになりました(笑)

みなさんも、もっと身近に、何でも良いので小さなことでも良いので介護について考えてみてくださいね。
私ももっと成長しようと思います!!

ルーパムーブ

ファイル 637-1.png

最近めっきり寒くなり、朝起きが大変になって参りましたこの季節、、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
早めの予防注射 風邪対策で冬を乗り切りましょう。

今回ご紹介させていただくのは、
『起き上がり補助 ルーパームーブ』です!
一体どのような商品かといいますと、
リクライニング機能が内臓されているマットレスです。
寝ている状態から起き上がるのが困難になってきたからといって、
これまで布団で就寝されてみえた方の中には、
いきなりベッドで過ごすということに
不安や抵抗がある方もいらっしゃるかと思います。
しかし、この『ルーパームーブ』なら畳や床に直接置いて頂き、
リクライニング機能を使用することで起き上がり動作を補助します。
これならベッドでの生活が不安な方でも
安心して利用して頂けると思います!


鈴鹿営業所 浦川

災害協定〜福祉用具部会の御報告

ファイル 636-1.jpgファイル 636-2.jpg

四日市営業所の境です。
急に寒くなり体調崩されてる方大丈夫でしょうか?

境は元々鼻声ですが、ここ数日鼻声に磨きがかかっております。

そんな話は置いておいて先日、四日市市の福祉用具部会があり、四日市市の福祉用具の会社が集まり意見交換をしてきました。

また南・中・北地域の包括支援センターの職員さんにも参加頂き有意義なグループワークや情報の交換を行うことが出来ました。

福祉用具を扱う会社、相談員の仲間として力を合わせて行きたいと思います。
そこで今回の部会で議題にあがった事で勉強になった事を1つ載せたいと思います。

●軽微な変更●
福祉用具を導入したりあらたなサービスを追加する場合は必ずサービス担当者会議を開催しプランを作成する義務があります。しかし、先日四日市の居宅部会で発信があった内容では福祉用具サービスの中止もしくは品目の解約の際も利用者のADLの変化とみなし軽微な変更ではなく必ず担当者会議を開催する必要があると案内がありました。

詳細は再度市役所より、居宅介護支援事業所・福祉用具貸与事業所に説明があるとの事です。当社も県内9ヶ所に営業所があり地域により制度に違いがある様に思いますが、当社のメリットとして多くの情報を収集して行きたいと思います。
最後に今年は災害が多く四日市でも停電が続く日がありました。

先日、日本福祉用具供給協会と四日市市が災害協定を締結しました。
県内では津市に次ぐ2例目です。

詳しくはホームページでご確認下さい。

介護シューズ

ファイル 635-1.jpgファイル 635-2.jpgファイル 635-3.jpgファイル 635-4.jpg

こんにちは。

名張営業所の山本です。

今回は、最近相談が多い「介護シューズ」について紹介します。

過ごしやすい季節になってきたからか、外出する際の屋外用シューズや、デイサービス等の施設で使用する室内用シューズの購入の相談をよく受けます。高齢者用の介護シューズは足のサイズや幅を合わせて注文できるのはもちろんですが、より使いやすくはきやすくパーツごとオーダーすることもできます。

片麻痺でくつのベルトが留めづらい方はベルト部分を両足とも同じ方向に開閉できるよう変更したり、むくみでマジックテープがしっかりと留まらないという方はベルトの長さも調整できます。

既製品のくつが合わずはきづらくなると、外出意欲が減って筋力低下、転倒するリスクが増えてきますので一人ひとりにあったくつを皆様に提供できたらと思います。

くつのサンプル品や計測器も各営業所に置いていますので、各営業所の相談員にご相談いただけたらと思います。

平成30年度、第2回 日福協研修会!!!!!

ファイル 634-1.jpgファイル 634-2.jpgファイル 634-3.jpg

お疲れ様です。
鈴鹿営業所の今岡です。

ブログの隙間から失礼します。

10月も中旬に差し掛かり、朝晩は冷え込みが厳しくなってきました。
インフルエンザも流行ってくる時期ですので、体調管理には十分に気をつけましょう♫

さて、本日は伊勢市商工会議所にて日福協の第2回研修会が開催されました!

福祉用具選定士やプランナーの講師であり、毎年協会研修会には積極的に講師に来て頂いている、住まいと介護研究所 所長の谷口昌宏氏に講師をお願いしました!

今回はセラピストやCMを主な対象とし、約40名の方が参加下さいました。
内容としては「自立支援と介護負担軽減の福祉用具活用方法」というテーマで開催され、講義と実技で盛大に盛り上がりました。

知っているようで知らない福祉用具の活用であり、スライディングボード・シートを利用した実技では、参加者の方が前のめりに見ているのが印象的でした!

また谷口先生自体が福祉用具専門相談員を業者ではなく専門職として認識された上でお話しして下さるので、すごく有意義な交流の場にもなりました。

いつもは北エリアでの開催が多い研修会ですが、今回は南エリアでの開催という事もあり、普段来たくても来れない方に参加して頂けたのではないかと感じています。

数ある研修会の中でも、笑いも交えながらわかりやすく講義されており、3時間の研修時間があっという間に過ぎていきました。

今後も積極的に研修会には参加していき、自己研鑽と情報発信をしていけたらと思います。

今回はこんなところで失礼します。

鈴鹿営業所 今岡

HCR

今日は、津営業所の野田です。
夜や朝は肌寒くなり、冬を意識する季節になりました。
そろそろ、ジャケットを羽織ろうかどうか迷っています。
さて、今週の水〜金曜日で国際福祉用具機器展が東京ビックサイトにて開催されました。
弊社からも何人か行かせて頂いています。
福祉用具の機器展は、大阪、名古屋、東京とありますが、今回の東京が一番規模が大きく、各メーカーもこの時期に合わせて新商品を作ったり、カタログを新しくしたりしています。また、商品化されていない試作品も多々出展されているので、時間とお金に余裕があって、尚且つ介護や福祉用具に興味のある方は是非行ってみて下さい。
HCRのアプリがありますので、ダウンロードしておくと新しい情報が入ってきます。
ちなみに、来年の開催日がすでに決まっておりいつもより少し早い9/25(水)〜9/27(金)となっております。
約1年ありますので行くかどうか、熟考してみて下さい。

ページ移動

archive