記事一覧

もうすぐ春ですね。

ファイル 596-1.jpeg

今年から四日市営業所でお世話になっております。
境です。季節も春に近づき過ごしやすくなってきましたが、花粉に悩まされている方も多いのではないでしょうか??花粉はつらいですがお花が咲いたり、綺麗な景色がたくさん見れる私の大好きな季節です。春っていいですね。

そのなこんなでもうすぐ4月!!!
2018年より福祉用具の複数提案、全国平均貸与価格の説明が我々福祉用具専門相談員に義務付けられます。それに伴い私たちが御利用者様に福祉用具をご利用頂く為に作成するサービス計画書も変更され、選定提案を記載した計画書の作成を実施していきます。より御利用者様の身体状態、介護環境、住環境に適した用具の提案、選定が私たちに求められます。

全国の福祉用具専門相談員のレベルをあげる事!!!
また専門性を極める事で高齢者の在宅介護を支援する事が出来ると思います。

在宅介護のスタートは住環境を整え整備する我々福祉用具専門相談員です。
これからもレベルUPをはかり地域に貢献出来る相談員を目指します。
これからも宜しくお願いします。

四日市営業所  境 真生

ご利用者様のために

ファイル 583-1.png

おはようございます。
年齢を重ねるにつれ、年々寒さが身にしみるようになり、巷で噂の高機能な肌着が手放せなくなっている今日この頃です。
ユ○ク○やし○む○やイ○ンなどが色々な商品を出されていますが、薄くてあったかいお勧めのものがございましたら、また、是非個人的に教えてください。

本題ですが、普段、私たち福祉用具専門相談員はご利用者様が福祉用具をお使いになられる際に「福祉用具サービス計画書」を作成し、ご利用の際の注意事項や選ばせて頂いた理由、利用される際の目標などを記して、ご説明を家族様やご本人様へさせて頂いております。そのような福祉用具サービス計画書が来年の春頃から更にご利用者様やご家族様に安心してご利用頂く為の書式となる予定です。

従来の書式に加え、【選定提案】の項目が追加され、①候補となる福祉用具の全国平均貸与価格等の説明、②機能や価格の異なる複数の福祉用具を提示 といった内容のものが盛り込まれる予定です。
今までの説明に加え、更に上記の説明を合わせて行わさせて頂くことで、より安心してご利用頂けるようになればと考えております。

しっかりとしたご相談・ご提案が出来るよう、今後も日々勉強として私自身も取り組んでいきたいと思います。

四日市営業所 落合

伊勢営業所

ファイル 498-1.jpg

伊勢営業所の川西です。
ふとブログ当番が回ってきて思い返すとこのブログもう6年にもなるんですね・・・
初回は私だけの記事でしたが今は沢山のスタッフが☆
なので今日は福祉用具の話ではなく、、、伊勢営業所の紹介をしたいと思います!

南勢営業所から伊勢営業所に変わってもうすぐ3年!これまた早い!
当初は、4名でしたが現在は6名。1.5倍の人員になっております。
人数が増えたことで、より一層地域密着型サービスができるようになってます。
会社に感謝…
そんな6名を私の主観で紹介させていだたきます!!

左上 川西正人 福祉用具、お酒、サーフィン大好き相談員。
中上 向井弘  大人の魅力をカモシダス、お話とってもやわらか相談員。
右上 水谷誠  入社すぐに足の骨折・・・今は体鍛えてます相談員。
左下 藤原功貴 心優しき野球少年 ちょうど今甲子園行ってる相談員。
中下 東谷亮  我らが営業所所長 福祉用具マニアック魚釣りプロ級相談員。
右下 南利親  一番フレッシュマン 福祉用具だけでなく趣味を選定中相談員。

以上6人 LTS SUPER 6 で頑張りますのでこれからも宜しくお願いします。

憩いの里展示会

ファイル 487-1.jpegファイル 487-2.jpegファイル 487-3.jpeg

こんにちは(^^)
四日市営業所の樋口です!

前回更新された廣川さんと似たような内容になるかもしれませんが、6月13日〜17日の期間で、弊社の施設憩いの里四日市ケアホームにて福祉用具の展示会を行いました。

今回の目玉は、新しく介護保険適用になった電動アシスト付き歩行器「リトルキーパス」でした!
ご来場頂いたCMさんの反応としては、「これだと坂道でも楽に押せるね。」「モードを変えたりする操作が難しそう。」など様々なお声を頂きました。

今回、実際に声を聞いて私が感じたことは、福祉用具をいかにその方に合うように選定するかが大切だということです。
当たり前といえば当たり前のことですが、ご利用者様が現在何に困っているかを見極め、色んな視点からご利用者様の生活に寄り添っていける事が私たちの役割です。
リトルキーパスに関しても今後も様々な方にお借りいただくと思いますが、その際もいろいろな視点から提案させて頂けるように、より良い相談員を目指して努力していきたいと思います!

※展示会の写真です(^-^)/

介護保険住宅改修受領委任講習会

ファイル 485-1.jpegファイル 485-2.jpegファイル 485-3.jpeg

平成28年6月14日(火)18:30~
介護保険住宅改修受領委任講習会が伊賀市ゆめぽりすセンター2F会議室にて開催されました。

■内容
・講演「介護保険住宅改修事例から」
・住宅改修の申請における注意事項について
・「新規登録事業者」事務取扱等説明

この講習会での講演は福祉住環境コーディネーター1級を取得した弊社レンタル事業部 楠本洋士主査 が講師となり、住宅改修工事の7つの視点から事例を踏まえながら基礎から応用、注意事項等をご説明していただきました。

7つの視点
①身体状況を把握する(動作・意欲)
②生活環境を把握する(動線・活動範囲)
③介護力を考える(家族・介護サービス)
④環境を整備する(配置替え・模様替え)
⑤福祉用具を使用する(レンタル・販売品)
⑥身体機能の経時的変化(将来を予測する)
⑦金銭面(給付制度・負担可能額)

弊社以外に約100名が参加していただき、住宅改修工事の役割から施工事例を用いてご説明いただく事で、参加者の中には住宅改修をこれから学ぶ方や、ベテランの方など様々でしたが、全員が理解し易く内容の濃い講習会となりました。
また、伊賀市の特徴(2Fへの階段手すりは介護保険適用外)など保険者によって介護保険適用範囲が違う内容など参加者全員が再認識できる機会となりました。

講習が終わった後には同業他社同士での交流もあり、意見交換なども行ってみえ、刺激のある講習会だったと思います。

伊賀営業所としては今後、利用者様から住環境の整備についての相談があった際には、今回の講習で得た知識を反映し、より良い住環境の提案、提供が行える自信に繋がりました。利用者様の為に今後もこのような講習会を開催・参加し知識の向上に努めていきたいと思います。


伊賀営業所 相談員 福森

☆福祉用具展示会開催☆

ファイル 484-1.jpgファイル 484-2.jpg

みなさんこんにちわ。四日市営業所 廣川数成と申します。
梅雨となり、最近じめじめとした天気が続いていますね。暑い日もあり
体調を崩す方が増えています。気をつけてくださいね。
脱水にも注意して下さい。
さて、四日市営業所では、6/13~6/17日まで、四日市にあります施設にて
福祉用具の展示会を開催しております。
展示してある用具は手すり、ベット、車イス、歩行器など新商品を展示しております。
展示商品の中でも「電動歩行器」をご紹介いたします。
電動といいましても、歩行器が勝手に動く訳ではございません!!
上り坂、下り坂でアシスト機能付きの歩行器になります。
ご自宅周辺に坂道がある方や、長い距離を散歩される方などにお勧めしております。
上り坂では、楽に歩行ができるよう歩行器が引っ張ってくれるような感覚になります。下り坂では、ブレーキをかけなくても、自動でブレーキがかかるようになっております。その他にも、歩行器が危険な歩行だと感じたら自動的にブレーキがかかったりと、歩行器もどんどん進化しております。福祉用具もどこまで進化していくのかと思い今後も楽しみですね。
この展示会をきっかけに1人でも多くの方にご紹介していきたいと思っております。
歩行器以外にも福祉用具の良さをお伝えできればと思っております。

その杖、大丈夫?

ファイル 469-1.pngファイル 469-2.jpgファイル 469-3.jpgファイル 469-4.jpg

桜が散ってしまいました。
桜のじゅうたんもまた趣があり素敵ですね(o^^o)
津営業所の西城です!

お花見などでお出かけされる方も多かったと思いますが
皆さん、お使いの杖は大丈夫でしょうか?
・持ち手の高さは合っていますか?
・持ち方は正しいですか?
・杖先ゴムはすり減っていませんか?

新規でご紹介頂いた利用者様宅へ行くと、結構な確率でこれらの状況に出くわしてしまうんですね。
そんなわけで【杖の見直しをしましょう】というチラシをお配りしています。先輩相談員が作ってくれました。正しい杖の持ち方についても写真が記載してあります。
でも、正しい持ち方をしようと思うと、人差し指と中指の間を開く必要があるので、手が小さい人にはちょっと負担になるんですよね(画像参照)。
そこでその負担を少なくして、持ちやすくした杖というものもあります(^_-)-☆
詳しくは画像をご覧ください。色もたくさんあっておしゃれです!!
ぜひお出かけ前には、お出かけ前でなくともこの機会に、杖の見直しを!!

そしてフレッシャーズの皆さん、
就職おめでとうございます(o^^o)
さぞかし緊張した毎日を過ごしていることでしょう。
先日、二日間に渡り営業同行研修をさせて頂きましたが、とてもフレッシュで、キラキラしているなぁと思いました。
自分自身、内面も外面も見直すことができ、ありがたく思います。
社会人としてこれから嬉しいことや楽しいことがいっぱいで希望に満ち溢れてますね~(^_^)反面、つらい思いや悔しい思いをすることもたくさんあると思います!
しかし挫折を経験した分だけ人は確実に強くなれると思います!すぐ壁を乗り越えることができなくても、周りに頼って弱音を吐きながらも一生懸命頑張っていれば、気づいたら成長していますよ(^-^)/

私も四年目ということで気持ち新たに、色々と見直しながら、今まで以上に頑張っていきたいと思います!
宜しくお願い致します!

写真1.杖の見直しチラシ
写真2.杖の紹介チラシ
写真3.我が家のチューリップ 祖母作
写真4.桜のじゅうたん

一年間を振り返って

ファイル 448-1.jpg

2015年もあと4日となりました。今年最後のブログ投稿をさせて頂きます、鈴鹿営業所の落合です。
まずは相談員みんなが大きな事故もなく1年を過ごせたことに感謝しています。

私自身も今年は1月から新しく開設して頂きました鈴鹿営業所での勤務となり、バタバタとしている間に年末を迎えたといった感じです。

当社は社員への研修参加にはとても積極的に投資していただくので、今年もたくさんの資格取得や研修に参加させて頂き、とても充実した1年となりました。

来年2016年はこうした資格取得や研修で得た知識や経験をケアマネ様や利用者様へ還元できるよう、1日1日を無駄なく過ごせるよう日々精進していきたいと思います。

当社相談員をはじめ、関係部署の方々、このブログを拝見して頂いている皆様、
良いお年をお迎えください…

写真 大阪御堂筋のイルミネーション(野田所長と2人で見ました (笑))

とある利用者宅にて

ファイル 408-1.jpg

こんばんは!
津営業所の前田です。

最近伺ったご利用者様宅で、ベッドから車いすへの移乗に課題があるケースがありました。

状況としては…
・トランスファーボード付きの車いすを使用
・車いすクッションを併用
・立位困難で移乗には介助が必要
ざっくり言うとこんな感じです。

何が課題になってくるかというと、移乗時にご本人様がお尻を浮かす事が難しく、介助者の力で引っ張りボードの上を滑らすように移動するため、車いすクッションの角が巻き込まれてしまっていました…

ちなみに移乗ボードは試し済みで、敷き込みが上手くできなかったようです。

何か良い手はないかと、某メーカーの営業さんや他の相談員と相談し、移乗シートを試してみようということに!
結果、巻き込みなく移乗できたものの介助者であるご家族様はシートの滑りやすさが怖いとのことで、上手く使えず…

結局は、車いすの座シートとクッションを固定するため、上から布で包み、座面裏で結んで固定するという方法で落ち着きました。

この一連の流れから、
私たち相談員が使いやすいと思っている福祉用具でも、利用者にとっては使いづらいこともあり、ご本人やご家族の気持ちがどの方向を向いているのかが重要であると感じました。
時には問題を解決するにあたってご本人・ご家族の生活動作や介護動作を変えるよう提案する必要もありますが、こちらの価値観・価値基準の基で援助するのではなく、利用者の立場・視点に立って援助方法を決めていく、いわゆる利用者本位の考え方が大事なんですね。

と実習の感想文みたいになってきたので、この辺で終わりたいと思います。

福祉用具のある生活(手すり貸与編)勉強会について

ファイル 398-1.jpgファイル 398-2.jpg

はじめまして、
伊賀営業所の牛尾です。

弊社の特定施設 憩いの里伊賀にて、定期的にテーマを決めて行っている勉強会についてご紹介させて頂きます。

平成27年3月11日(水)に知識だけじゃない『福祉用具』の体験イベント 福祉用具のある生活(くらし) 手すり貸与編の勉強会を行いました。手すりの種類や特徴等を説明し、その後は、実際に福祉用具を使いながら具体例を説明し、福祉用具専門相談員として身体状況に併せた選定方法をわかりやすく事例を出しながら説明を行いました。
 勉強会の進め方としては、勉強会用の資料を配布し、資料に沿って実際の手すりを使用した実例をご覧頂きながら説明を行い、スタッフが利用者様の実際の動きを予想した動作を行い、どのような方にどのような手すりが必要かどうかを具体的に実例を用いて説明を行いました。資料を使った講義の後には、手すりを使った体験の時間を設け、床での動作・ベットでの動作・昇降時の動作や移動の実演・体験をして頂きました。参加された方からは、手すりの種類だけでなく実際に具体例があったため知らなかった手すりの使用の仕方や目的を理解することが出来たなど、今後に役立つ知識を得られたと評価をいただきました。
 ライフ・テクノサービスの勉強会の知名度が向上している点と今までの勉強会の内容に興味を抱いてくれているというと伊賀CHとの合同イベントという事もあり、参加して頂けるケアマネージャーの人数が、いつもより多く参加して頂けました。勉強会イベントを通して、安全な福祉用具の利用・介護負担の軽減について、幅広く知って頂くためにも、継続して勉強会を実施していきたいと思いますので宜しくお願い致します。

ページ移動

archive