記事一覧

ちょっと変わった歩行車について

ファイル 629-1.jpg

皆様こんにちは。
志摩営業所の南と申します。

ようやく涼しげな気温になってきたかと思えば本日はまた
夏日に戻ったような気温でまだまだ油断なりません。
お出かけの際には水分や帽子を携帯しておいた方がいいかもしれませんね。

だんだんと涼しくなってきますとお外に出られる機会も増えてきて
中には歩行車を現在お使いの方やこれから検討をされる方もいらっしゃるかもしれません。今回はそんな歩行車の中でも少し変わった珍しい商品をご紹介いたします。

「NOPPO(のっぽ)」という商品で、この歩行車、背もたれを前後させることでなんと
介助用車椅子としても使用することができる商品です。
「あったらいいな」をコンセプトに普段は歩行車として使用し、もしもの緊急時には車いすとしても活躍する一人二役を任せられます。歩行器としてはちょっと重量感もありますが、使用時に速度が出え多機能な福祉用具です。

多様なご要望に応えた商品が世の中にはたくさんございますので、「こんなものがあったらいいな」と感じられた際には一度ぜひご相談ください。

セニアカー(電動四輪車)について

ファイル 587-1.jpeg

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
新たな年に気合十分で臨んで行きます!志摩営業所の南です。

お正月が過ぎ去ってからあっという間に1月も中頃で
皆さんもすっかり普段の日常に戻っておられるかと思います。

今回わたくしからお話しさせて頂きたい内容は当社でも
取り扱いをさせて頂いております「セニアカー」についてです。
日常の買い物や移動の大きな助けになるセニアカーですが、
その分注意して使用して頂かなければ事故や破損の危険性もある為、
当社ではご利用者様にお持ちさせていただく際には担当の営業員が安全な
操作方法やご使用される道路環境での注意点などをしっかりと見極め、
ご説明させていただいております。

しかしそれでも突発的に目の前に危険が迫った時…
そんな場面を一例挙げさせて頂きますのでセニアカーの安全性能について是非ご一読ください。例えば…

例)セニアカーで住宅街の路地を走行中。突然子供が飛び出してきたら…

想像するだけでも「ヒヤリ」とさせられる場面ですが、セニアカーだけでなく
自動車でもありえてしまう場面です。セニアカーのブレーキは電磁ブレーキと
なっており、アクセルレバーから手を離せばその瞬間からブレーキが作動します。
「けれど驚いてしまって瞬間的にアクセルから手を離すことができるか心配」
といった方々にも安心してご利用頂けるよう、走行中のセニアカーにはもう一つのブレーキ機能があります。
目の前に子供が飛び出してきた!といった場面でアクセルレバーをグッと握りこめば、「ピピピッ」という電子音と共に緊急ブレーキが作動する機能がセニアカーには搭載されています。
自動車の運転でも同じことですが、突発的にブレーキをかけなければいけない場面で力が入りすぎてしまい、逆にアクセルを踏み込んでしまう…そのような危険性を考慮した上での安全機能です。
これからセニアカーの使用を検討してみたい。セニアカーを使用中のご家族様がいらっしゃるといった方々にも安心して外出が行えるよう是非知っていただきたい安全機能のご紹介でした。

転ばぬ先の

ファイル 584-1.jpgファイル 584-2.jpg

こんにちは、四日市営業所の山本です。
暮れも押し迫り、寒さも厳しくなってきましたね。
風邪などひかない様に皆様お気をつけ下さい。

さて、今回お勧めしたい福祉用具は歩行器です。

皆様、歩行器を利用してみようかなと思うのはどんな時でしょうか?
やはり、転んだ時や転びそうになった時に必要だなと思われるのではないかと思います。
実際、私も相談頂く際には、転んだり転びそうになったり、歩行がフラフラしているのを周りが心配してのご相談がほとんどです。
つまり、歩行器を利用する動機のほとんどが転倒予防なんです。

しかし、歩行器には転倒予防以外にも重要な機能があります。
それは、良い姿勢を保持する機能です。

日常生活では上を向く背筋を伸ばす動作より、下を向く背を丸める動作の方が多くなります。
その為、背を伸ばす筋肉は衰えやすく、筋肉のバランスが崩れて真っ直ぐ立つ事が難しくなります。
人間の身体の中で頭は重いので、背が丸まり頭が前の方に来ると重みでさらに前屈みになってしまいます。
つまり、筋肉が衰えて頭の重さが支えられなくなるんです。
そうなると、バランスが悪くなるので転倒が心配で足元を見る為に下を見て歩く、さらに背がまるまるなど、悪循環で円背が進んでしまうんです。

そこで、お勧めしたいのが歩行器です。
歩行器を早めに利用して頂くと、衰えた背の筋肉を補って、腕の力で体を支える事が出来る様になります。
また、転倒の心配が減りますので、足下への注意をする必要も減り、下ではなく前の方を見て歩く様になります。
そうすると今までより背筋を伸ばして歩く事が出来る様になりますので、円背が進むのを遅らせる事が出来るんです。

ちなみに、歩行器と良く似たものにシルバーカーと呼ばれる物もあります。
シルバーカーは足下に横向きにフレームが入った構造になっている物がほとんどです。
その為、足先がフレームに当たってしまわない様に、シルバーカーから体を離して利用することが多く、前屈みになりやすくなります。
こちらは、あくまでお買い物の際に荷物を運んだり、歩いていて疲れた時に休憩する目的で利用するものなので、良い姿勢を保つ機能は低くなりますので、注意して下さい。

円背を予防する効果もある歩行器。
まだ転ぶ心配が無くても使って見ませんか?

ライフスタイルをデザインする

ファイル 578-1.pngファイル 578-2.jpg

こんにちは。伊賀営業所の大藤です。
私は先週名古屋で福祉用具選定士認定講習を受講してきました。

その講習では講義や実習を通して福祉用具についてのより専門的な知識や技術を学ぶことができたのですが、
その中で幸和製作所という福祉用具メーカーの方からご紹介いただいた新商品の福祉用具が興味深かったので、みなさんにもご紹介させていただきます。

それが歩行車 [ミケーレ]です。
ミケーレは日本人の男性高齢者に向けた歩行車です。
歩行車とは、歩行補助のための福祉用具です。 男性は足が衰えても歩行車を使う人が少なく、外出をする機会が減少しています
。この理由は歩行車に対して「女性が使うもの」、「仰々しい」、「老人扱い」などマイナスイメージが先行してしまい使用を拒否してしまうためです。
ミケーレは日本人男性の体格、道路、住居などの生活環境にフォーカスを当てた仕様になっており、
さらに、男性に似合う紳士的な意匠性とマイナスイメージを払拭する新しいデザインになっています。

結婚式や同窓会など身近な人が集まる場所ほど、自分のネガティブな部分は出したくないのは誰もが思うことです。
ミケーレは社交場でも違和感のないようにシンプルで上品なデザインを目指し、2017年度のグッドデザイン賞も受賞しています。

福祉用具とは誰もが使いやすく安全であることが大前提にありますが、こんな福祉用具がたくさん世に出てくることで、
利用する高齢者の気持ちが変わり、気持ちが変わるとライフスタイルが変わる。
そして、ライフスタイルが変わると高齢者の健康寿命が延びる。

それこそが福祉用具を利用する上での最大の目的である、高齢者の自立支援を促す近道ではないのだろうか、と考えさせられる商品でした。

バスナフローレ

ファイル 568-1.jpgファイル 568-2.jpg

こんにちわ!
日中は過ごし易いですが、朝晩の冷え込みで体調管理に余念が無い松阪営業所の黒田です。
今日は、これから寒くなり入浴の機会が増えるにあたり、入浴に関する商品をご案内させて頂こうと思います。当社相談員にもよく問い合わせのある滑り止めマットがあります。各メーカーさんも色々と考えてくださっており、裏が吸盤式になっていて動かないようになっていたり、持ち運びし易いように軽量になっていたりと様々です。
但し、本商品は残念ながら貸与品ではなく購入品扱いとなります。また介護保険対象外の為、補助は受けられません。そこで個人的にお薦めしたいのがバスナフローレという商品です。こちらは添付写真のようにシート状になっており既存の浴室タイルの上から張る形となります。介護保険の住宅改修工事が適用されますので補助も受けることが可能です。滑りにくく水はけが良く断熱性に優れている為、冬場の床の冷たさから発生するヒートショックの軽減をしてくれます。万が一転倒の際も衝撃吸収性も優れていますので転倒による怪我のリスクも軽減されます。工事費用も滑り止めマット購入と比較しても大きな差はありませんので(1割負担の場合です)お薦めです。
興味のある方は是非、当社相談員までご連絡ください。
以上、バスナフローレのご案内でした。
これからますます寒くなってきますので皆さんも風邪には十分お気を付け下さい。

福祉用具選定士

ファイル 567-1.jpgファイル 567-2.jpg

この頃だいぶ 涼しくなり過ごしやすい気候になってきましたね。
早いもので鈴鹿営業所に異動になってから一年が経過しようとしています。
鈴鹿営業所の西城です。

今回のブログでは、この8月に名古屋会場に資格取得の為、研修に行って参りました
【福祉用具選定士】資格について、お話させて頂きます。

◎福祉用具選定士とは?
一般社団法人 日本福祉用具供給協会が独自に創設した資格であり、
利用者様やケアマネジャー様に適切な用具選定や提案、情報提供が出来るよう、
より専門性の高い福祉用具専門相談員の育成の為につくられた資格です。
受講にあたり、福祉用具専門相談員として2年以上の実務経験を持つ者という条件があります。

講義実習を交えた3日間にわたる研修で、11月にも2日間の研修を控えています。
弊社からは5名の相談員が参加させて頂きました。
東海ブロックの他社の相談員様との合同研修である為、色々と刺激になりました。
講師の方のお話はとても頭に入ってきやすく、自分自身が勉強会や講義を行う際の参考にもなりました。

引き続き、毎日の業務に励み、福祉用具の普及に努めていきたいと思います。
そして利用者様のお力になれるように頑張っていきます。


鈴鹿営業所 西城

安寿消臭シート

ファイル 551-1.jpg

暑さ寒さが入り乱れる季節になってきました。
5月は雨量が例年に比べ少ないらしいですよ。
雨は嫌いですが水不足にならない程度に降ってもらいたいですね。
さて、暑くなれば気を付けなければならないのが熱中症です。
水分をいつも以上に摂るようになります。
そうすると、汗でも出て行きますがトイレも近くなります。
トイレでできる方は良いのですが、ポータブルトイレでしかできない方は
匂いが特に気になる季節でもあります。
そこで役に立つのが消臭剤です。

今回は私が大好きな安寿の消臭シートを紹介します。
特徴としては
①消臭効果が24時間で長い
②紙なので時間に合わせて切って使用できる(半分に切ると12時間等)
③トイレのような嫌な臭いではなく、芳香剤のようなニオイ

などがあります。
トイレの臭いは家族内でも大きな問題になる事が多いです。
このような安価な商品で改善できれば、より良い在宅生活が行えると思うので参考にして見てください。

介助バーも進化します!

ファイル 531-1.jpgファイル 531-2.jpgファイル 531-3.jpg

こんにちは四日市営業所の山本です。

まだまだ風は冷たいですが、
最近は少しずつ暖かくなり、車の中だと暑いぐらいですね。

さて、今回はパラマウントベッドの新しい介助バーをご紹介したいと思います。

ベッドオプション受けの穴に挿してあるだけのサイドレールとは異なり、
『介助バー』はガッチリと固定がされていて、立ち上がりの際にしっかり支えることができ、立ち上がりがしやすくなるベッド用の手すりとなっています。

ただ、点検などでお宅にお伺いさせて頂くと、
しっかり固定したはずの介助バーの固定ボルトが緩んでいる事があるんです。
使い方などを聞いてみると、介助の際や訪問リハビリの際に介助バーがあると邪魔になるので一旦取り外しているそうなんです。
そんな時に、ご家族様などが再度取り付けた際にしっかり締め付けが出来ていなかったなんて事もあるようなんです。

そこで、新しく発売された【スイングアーム介助バー KS-098A】は、
旧商品【KS–096A】のノブボルトを締めるタイプから、固定ハンドルを固定位置に突き当たるまで回す方式に固定方法が変更されています。
これによって、しっかり固定しやすくなり、逆に取り外す時は今までより短時間で取り外しが可能になっています。
つまり、より安全性が高まり、しかも介護しやすくなっている商品なのです。

その他にもスイングアーム部分の固定がレバーで固定から自動で固定になったり、
形状なども、より使いやすく変更がされています。

ただ、反面スイング部分の固定を自動にしたからか、
旧商品【KS–096A】よりスイングアームの遊びがやや大きい感じがするので、
【KS–096A】の方が安心という方もいらっしゃるかもしれませんので、
その辺りは使い分けになるのかなと思います。

どちらが良いのかは専門相談員にご相談下さい。

※写真上段【KS–098A】、下段【KS–096A】

ロボットアシストウォーカー

ファイル 527-1.jpgファイル 527-2.jpgファイル 527-3.jpg

こんにちは!伊賀営業所の大藤です。
みなさんがお住いの地域は先日の雪は大丈夫でしたか?


私がいつも車で移動している伊賀では所によっては雪が積もり、路面も写真のような状況に。
エンジンブレーキを効かせて、アクセルやハンドル操作は慎重にし、同時に様々なことに注意が必要です。

特に写真のような坂道だといくらスタッドレスタイヤでも徐行せざるを得ず、利用者様との約束の時間にも遅れたり、、、
お待たせしてしまった方申し訳ございませんでした。


事故を予防して安心・快適に移動するのは簡単ではないのです。


そこで今回紹介するのが新登場の自動制御機能付き歩行器
ロボットアシストウォーカーRT.2です!

この歩行器、煩雑な操作は必要なく通常の歩行器と同じ使い方で、上り坂では自動でパワーアシストが働き、下り坂では自動でブレーキが働き、傾いた道でも安定して進めるよう自動で車体を補正してくれます。

さらに、坂道でハンドルから手を離すとセンサーが感知して自動で停止したり、速度が出過ぎた場合は自動で減速ブレーキがかかり転倒を防止してくれる優れモノなんです!

他にも利用者様の身体機能や使用環境に合わせてアシストやブレーキの効き具合を細かく設定でき、音声で状況を伝えるおしゃべり機能も搭載しています!


もちろん介護保険レンタル対応ですので、
事故を予防して安心・快適に移動する手段の一つとしてご検討ください。


※ロボットアシストウォーカーRT.2のご利用に際しては必ず福祉用具専門相談員にご相談の上、ご利用ください。
※雪道でのご利用は大変危険ですのでお控えください。

HCR2016in東京

ファイル 509-1.jpgファイル 509-2.jpgファイル 509-3.jpgファイル 509-4.jpg

お疲れ様です。
津営業所の今岡です。

ブログの隙間から失礼します。

暑さも和らぎ、逆に朝晩なんかは寒くなってきましたね。
私はお腹を出して寝て、よく風邪を引くのでみなさん気をつけましょう。笑


さて先日10月12日(水)〜10月14日(金)まで、東京国際展示場「東京ビックサイト」にて開催されました、第43回国際福祉機器HCR 2016にお邪魔してきました!!!

今回はその様子を少し紹介したいと思います。

HCR 2016は17か国•1地域の全527社•団体の最新の福祉機器が一同に集まる大規模な展示会ですが、私自身としても始めてお邪魔しました。

まず目に飛び込んで来たのは人•人•人!!
びっくりする程たくさんの来場者の方がいらっしゃり、その注目度の高さがすぐにわかりました。
さすが、東京の展示会ですね…。

全部で6ホールから構成される会場内でしたが、衣類•食事•住のコーナーがそれぞれのホールにわかれており、ものすごくたくさんの出展ブースがありながらも、見易さもしっかり考慮されていました。
各ブースには人集りができており、出展者の方がマイクで皆に聞こえるように商品説明•PRをしているのが印象的でした。

また、TAISコードが付いておらず世に出回る前の新商品や海外出展企業の商品は普段目にする機会がないので、すごく興味深いものでした。

3日間でブース見学を主に行っていましたが、HCR開催中に2つの集まりにも参加させていただきました!!

一つ目が12日(水)に開催された安寿会全国情報交換会です。
北は北海道から南は沖縄まで全国から福祉用具に従事する相談員や経営者の方がいらっしゃり、情報を交換しあう。
身が引き締まる思いで、私はすごく緊張しましたが、福祉用具が大好きで、福祉用具の可能性に大きな力を感じている方達との会話は刺激的でした。

二つ目が14日(金)に開催された、プラネット活動報告会です。
これは日々のプラネットの活動報告だけではなく、福祉用具従事者が投票して決定する、「福祉用具アワード2016」において選ばれた商品の説明などもありました。
また活動報告会資料内にプラネットから弊社に作成をご依頼いただいたチラシも入っており、司会の方に紹介していただきました!!!

「福祉用具と人を愛する専門職集団に、あなたも。」いい言葉です!!!!

このような形であっという間に過ぎていった3日間でした。

今回の展示会で学んだ事や、新しく出会った方々との貴重なお話しを無駄にする事のないように取り組んでいきたいですね。

まだまだ勉強です。

短いですが、今回はこのぐらいで失礼します。
写真が見にくくなってしまったかもしれません。すみません。


津営業所 今岡

ページ移動

archive