記事一覧

災害協定〜福祉用具部会の御報告

ファイル 636-1.jpgファイル 636-2.jpg

四日市営業所の境です。
急に寒くなり体調崩されてる方大丈夫でしょうか?

境は元々鼻声ですが、ここ数日鼻声に磨きがかかっております。

そんな話は置いておいて先日、四日市市の福祉用具部会があり、四日市市の福祉用具の会社が集まり意見交換をしてきました。

また南・中・北地域の包括支援センターの職員さんにも参加頂き有意義なグループワークや情報の交換を行うことが出来ました。

福祉用具を扱う会社、相談員の仲間として力を合わせて行きたいと思います。
そこで今回の部会で議題にあがった事で勉強になった事を1つ載せたいと思います。

●軽微な変更●
福祉用具を導入したりあらたなサービスを追加する場合は必ずサービス担当者会議を開催しプランを作成する義務があります。しかし、先日四日市の居宅部会で発信があった内容では福祉用具サービスの中止もしくは品目の解約の際も利用者のADLの変化とみなし軽微な変更ではなく必ず担当者会議を開催する必要があると案内がありました。

詳細は再度市役所より、居宅介護支援事業所・福祉用具貸与事業所に説明があるとの事です。当社も県内9ヶ所に営業所があり地域により制度に違いがある様に思いますが、当社のメリットとして多くの情報を収集して行きたいと思います。
最後に今年は災害が多く四日市でも停電が続く日がありました。

先日、日本福祉用具供給協会と四日市市が災害協定を締結しました。
県内では津市に次ぐ2例目です。

詳しくはホームページでご確認下さい。