記事一覧

花粉症との戦い

みなさんこんばんは(^^)
長続きする趣味を探し続けている新家くんの先輩にあたります、四日市営業所の樋口と申します。( ̄▽ ̄)

春になり、気温も以前に比べてあがり、過ごしやすくなりましたね。
春は、気持ちが穏やかになります。
しかし、忘れてはならないのが、花粉症です!!
私、幼少の頃から花粉症と毎年戦い続けております。
冬が明ける頃から、ニュース等で今年の花粉はひどく、猛威をふるうと言われており、春が来なければ良いと内心思っておりました。←
3月の中旬頃から目がかゆくなり、今年は目がひたすらかゆく、顔も腫れて散々でした、、、。
4月も中旬に差しかかり、やっと花粉症の症状はおさまりました。
なんとも辛い日々でしたがこれからはようやく本調子で過ごすことができそうです。
皆様は、花粉症との戦いは決着がつきましたでしょうか?
まだまだ、延長戦に入っている方も見える思います。
あっとゆう間に夏も来ることですので、体調に気をつけ、体力をつけていきましょう!

では次は私の尊敬する熱いお兄さん 松阪営業所の前川さんにお願いしたいと思います。
きっと面白い記事を書いてくれると思いますよ。お楽しみに。笑

お疲れ様会。

ファイル 252-1.jpg

鈴鹿営業所の三原さんからバトンを受け取りました
四日市営業所 新家と申します。
日記の更新が遅くなりまして、申し訳ございません!

新年度を迎え私も3年目入りました。
まだまだ覚えることが多いですが、所長を始め四日市営業所の先輩方と
毎日楽しく業務に励んでおります。
先日も3月の月間目標を達成できたこともあり、営業所内の打ち上げに連れて行っていただきました!
休日の過ごし方や趣味の話など、仕事の話も大事ですが、こういった息抜きも交えての交流は大切ですね。アクティブな所長、ギター好きな先輩、読書マニアな先輩、趣味が見つからないと嘆いている先輩。
笑わせて頂きました!楽しかったです!所長ごちそうさまでした!


次回は、長続きする趣味が欲しいと困っていた
同じく四日市営業所の樋口先輩にバトンをお渡しさせていただきます。

三重でしかできやんやん、この仕事!

ファイル 251-1.jpgファイル 251-2.jpgファイル 251-3.jpgファイル 251-4.jpg

リレーの狭間から・・・と思ったら、広報宣伝課で連投でした。
西村さんと私で代わる代わるスミマセン。
新家さん、はやく!!!(笑)


さて、先日から新入社員研修が始まっています。

「LTSグループとして同じ思いを持ってもらいたい」という考えから、
新入社員研修では一般的なビジネスマナー研修や会社説明だけではなく
各部署の説明や福祉用具レンタルの同行・介護施設研修も盛り込んでいます。

各部署の説明では、私も広報宣伝課としてお話しをさせていただきました。
その時の様子をご紹介しますね。

まずは、「広報とは?」「広報を効果的にするためのデザインのはなし」をテーマに少し講義しました。

広報は広告と混同されがちですが、<関係づくり>だと私は思っています。
社内同士の関係、会社と社外との関係、会社と社会との関係・・・
いろいろなフェーズで関係をつくるための取り組みです。

そして、くまモンのデザインで有名な水野勝さんのことば<デザインは知識から始まる>を引用しながら、
「絵が描けなくてもデザインはできる(アーティストとデザイナーの違い)」「しくみ作りも含めてデザイン」とお話ししました。


その後、グループワークに移ります。
テーマは「新卒求人のキャッチコピー作り」。

実際の作業に入る前に、ミーティングなど複数の人と協働する場面で重要になる
「コンセンサス(合意形成)」「ファシリテーション」の考え方を紹介して、
多数決ではない、深い話し合いを意識した取り組みをお願いしてスタートしました。

話し合うためのルールは自分たちで決めます。
「決めるために必要な役割は?」との問いかけに、
司会、書記、タイムキーパー、発表者・・・おにぃちゃん?!とさまざまな回答が飛びます。

その意見も活かしながら、「コンセンサス」が得られるように進めていきました。


最初、個人で考えたアイデアは正直なところ普通(ゴメンナサイ!)でしたが、
それぞれがそれぞれの役割を果たす中で、ブラッシュアップされていきます。

最後には、地域密着×インパクトということで、
特徴的な三重弁を使った「三重でしかできやんやん、この仕事!」が完成。

この案が出た瞬間、場がハネましたね。
三重弁アイデア、正直、来年の広報活動で盗んでしまいそうです。


私を含めすべての社員が、研修では業務説明だけではなく
これから働くにあたり大切なことのエッセンスをお伝えしています。

その思いが伝わったら嬉しいですね。


写真1:「おにぃちゃん」に「ガヤ」。決してふざけていません。
写真2:「この中のどれにする?」ではなく、「このアイデアを元にどうする?」をみんなで考えます。
写真3:私では到底思いつかないキャッチコピーができました。

写真4:研修が終わってすぐ、キャッチコピーを元にポスターを制作しました。ポスターの下部には、C(コピーライター)としてみなさんのペンネームのクレジットが!

/////////////////////////////////////

では、今度の今度こそ、四日市営業所の新家(しんけ)さん!
よろしくお願いします。

施設・法人の垣根を越えた情報共有の意義

ファイル 250-1.jpg

長岡主任に続き、リレーの合間からこんにちは。
広報宣伝課の西村です。

先日、グループ法人である社会福祉法人敬峰会の特別養護老人ホーム津の街と、
同施設内の津やる気保育園の合同ミーティングが行われました。
このミーティングには津の街の岩名施設長、津やる気保育園の岡副先生、
そして弊社から保育事業部の平野リーダーが参加し、二つの施設、二つの法人という垣根を越えて行われました。
同じ建物内にあるとはいえ違う施設ですので、情報を共有し連携を深めることで、
より良いサービスの提供と効率のよい運営を目指すためです。

今回一番強く共有・連携の重要さを感じたのが避難訓練の打合せでした。
消防法の規定により津の街は年二回の避難訓練を行っていますが、
津やる気保育園では消防法だけではなく児童福祉法の規定も関係するため、
月一回の避難訓練を行っています。
避難の意味を理解している大人であれば、避難ルートの確認や道具の点検で十分訓練となるかもしれませんが、
小さな子どもたちには避難方法をしっかり体で覚えてもらう必要があります。
私も保育園に預ける小さな子どもがいて思うことですが、子どもに何かを理解し、
覚えてもらうには習慣にするしかありません。
半年に一度の訓練で習慣化は無理なことです。
しかも子どもは成長します。乳幼児であれば一ヶ月で大きく変化し、
今は寝ていることの多い一歳の子であれば、半年後には走り回っているかもしれません。
そういった子どもたちの成長にあわせた訓練内容の微調整も必要になります。
それは保育士にも言えることで、今の子どもたちを避難させるスキルと、
一ヶ月後の成長した子どもたちを避難させるスキルは同じではありません。
「実際に災害が起きた時には、施設内の全ての人が避難できなくてはなりません。
施設だけ、保育園だけではなく、両方の協力体制がとれなくてはいけない」
との平野リーダーの言葉に、
「日頃の密な連携は必要不可欠」と岩名施設長、岡副先生から両施設の合同避難訓練も
今後は視野に入れていこうとの意見が出ました。

他にもなにか合同行事はできないか、年間スケジュールの共有で互いの運営効率化に繋がらないかと、たくさんの提案が挙がり、
やはり情報共有の場が必要だと、津の街のリーダーミーティングに津やる気保育園の保育士も参加することが決定しました。
より一層連携が深まり、質の高いサービスの提供を行っていけると思います。

広報宣伝課は社内・社外を繋いでいくのが重要な役割の一つですので社内の様々な取組みや思いを発信していますが、
今回のように老人ホームの入居者と保育園の在園児と、年齢層が大きく異なる施設間だからこその連携・共有、
そういった「繋がり」もどんどんお伝えしていきます。
そして広報宣伝課こそが、課内での意見の交換・情報の共有が仕事の質を大きく左右する課です。
新年度に入ったということもあり、今回の取材で感じた繋がりの重要さを胸に気持ちを引き締めていきたいと思います!

では、次回こそ!予定通り、四日市営業所の新家(しんけ)さん!
よろしくお願いします。

平成30年度 LTSグループ入社式

ファイル 249-1.jpgファイル 249-2.jpgファイル 249-3.jpgファイル 249-4.jpgファイル 249-5.jpg

リレーの狭間からこんにちは。
実は私もバンドをしていた(シンセサイザーと時々ピアニカ担当)、広報宣伝課の長岡です。


昨日は、本社にて「平成30年度 LTSグループ入社式」でした。

役員からのあいさつや辞令交付、新入社員代表の決意表明などがあり、
関連法人である社会福祉法人敬峰会も含めて今年は9名の仲間を迎えました。


役員からのあいさつでは、さまざまな形でエールが飛びました。

社長からは、
「LTSグループの発展は未知。若い人には数々の活躍の場がある。」
と、可能性に対する期待を。

専務からは、フランスの作家 アンドレ・ジッドの言葉
<平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行することがすなわち非凡なのである>を引用して
日常の積み重ねの大切さを。

常務からは、同期の大切さとともに
「今まで持ってきたフレッシュな価値観とこれから学ぶことを生かして、
 失敗を恐れず、新入社員だからこそできる取り組みを」

と、チャレンジする姿勢の大切さを。


1日の終わりにみんなで振り返りをしていましたが、
「社会人として気持ちが引き締まった」
「これから1日1時間を大切にしていきたい」
と心強い言葉が聞かれました。

最初の2週間は、新入社員全員が集まっての合同研修です。
志望職種に関係なく共通する、LTSグループの全体像やマインドについて学び、
最終日には今後のビジョンの決意表明が待っています。

今の程よい緊張感や強い気持ちを忘れず、これからの研修に臨んで欲しいですね。


<お知らせ>

最近移転リニューアルした弊社のFacebookページでも、
ちょっと違う視点で報告しているので、こちらも覗いてみてくださいね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://fb.me/LTS.mie/


写真1・2・3:少し緊張の面持ちの入社式。

写真4:入社式の後は、研修がスタート。LTSグループの一員として、「基本方針」の冊子が配布されます。
写真5:「会社を知る」をテーマにしたグループワークでは、意外と自分が知っている会社のことがごく一部だったことに気付かされます。

/////////////////////////////////////

では、次回は予定通り、四日市営業所の新家(しんけ)さん!
よろしくお願いします。

2年目突入!

ファイル 248-1.jpeg

研究開発事業部研究開発事業課 谷川さんからバトンを受け取りました。
鈴鹿営業所の三原です。

去年の4月に入社してから1年が経とうとしています!
この1年間は本当に色々な経験をさせていただきました。
自分自身の成長をより多く感じることができたのではないかと思います。
今も色々なことを学びながら営業活動を行なっている最中ですが
そんな私も、来年から先輩になります。
教えていただく立場から教える立場にもなりますので、現在私が教えていただいている先輩方のように同じく優しさと寛大さを持ちながら、新しく入社する後輩にも関わっていきたいと思っています!!


私は趣味でバンド活動を行なっております。
仕事も充実させて、さらに趣味も充実させていきたいと思います!!
今後、新入社員の方には自分自身の趣味も大切にしてほしいと思っています。
また、皆さんの趣味も教えてください!!


以前の日記にも書きましたが、靴が大好きで革靴を磨くのも趣味の1つです。
今年に入ってから遂にずっと欲しかった革靴を買うことができました!!
お休みのときに履く用ですが、磨く日が来るのをずっと待ち望んでいます。
写真はバンド練習のときに撮ったお気に入りの1枚です。

次は四日市営業所の新家さんです!!
いつも相談に乗っていただいてありがとうございます。
よろしくお願い致します。

知名度

ファイル 247-1.png

研究開発事業課の山田さんからバトンを受け取りました。
同じ課の谷川です。

このページを参照している方は、三重県内や福祉・介護に興味のある方が
多いでしょうか。

関東にいたとき(約2年前)、三重県の知名度はお世辞にも高いとは
いえない状態でした。地図でどのあたりにあるのかさえ、あやふやな
人が多かったです。(たぶん、現在も)
しかしながら、伊勢(神宮)、松阪(牛肉)、四日市、鈴鹿など
は、すぐに分かるようでした。県名よりも知名度があります。

企業も、製品名やサービス名はよく知っているが企業名までは知らない
ということが結構あると思います。(このあたりは三重県と同じですね)

就職活動をされている方は、知名度の高い企業ばかりだと、よい企業に
会う機会が少なくなるかもしれません。

この会社にも、何か知名度のあるサービスなどがあると思っているのです
が、未だ見つけられていません。(たぶん、何かある)

研究開発事業部研究開発事業課 谷川から
鈴鹿営業所の三原さんへバトンを送ります。

子を持つようになって

ファイル 245-1.jpg

研究開発事業課の渡瀬さんからバトンを受け取りました。
同じ課の山田です。

現在私は育児休業中で4ヶ月を終え、ようやく慣れてきたところです。とはいえ、妻と2人での育児なので、もし1人だったらとても慣れたなど言えなかったかもしれません。

子供は今は生まれた頃の倍くらいに体重が増えており、新生児だった頃のことを思い出し、ここまで問題なく育ってくれたことに素直に感謝しています。

新生児だった頃はまるで壊れものを扱うように気を付けていました。動物を飼ったこともなく、サボテンを一時期持っていたのですが、それも枯らしてしまう始末。生命あるものを育てるのが今回初めてで物凄く怖かったのを思い出します。

また、仕事を通じて乳幼児の突然死があることを聞いていたので、夜中数時間おきに呼吸しているか確認したりしていました。今では誰よりも大きな寝息をたてているので、安心して眠れるようになりましたが。

子を持つ親となっての変化ですが、赤ちゃんの泣き声がかわいらしく聞こえるようになりました。子を持つ前は正直やかましいと感じていたと思います。子育てを始めてすぐの頃はアラームのように急かされているように感じました。それが今では心地よいものへと変わりました。また、下校中の子供たちを見ると、我が子のように思えるようになり、車の運転などは今まで以上に気をつけるようになりました。ニュースなどで子供が被害者となった事件を見聞きした時も同様に我が子のことのように思え、とても残念な気持ちになるようになりました。

この辺の心境の変化はやはり毎日オムツを替えたり、ミルクをあげたり、抱っこしたりしているうちに獲得したものなのではないかと自己分析しています。

まとまりのない文章になってしまいましたが、最後に育児休業の許可を与えて下さった皆様、抜けた穴をフォローしていただいている皆様に感謝しつつ、研究開発事業部研究開発事業課の山田から同じ課の谷川さんへバトンを送ります。

合同説明会「リクナビ就活開幕LIVE」@メッセウイングみえ

ファイル 246-1.jpgファイル 246-2.jpgファイル 246-3.jpg

リレーの合間からこんにちは。広報宣伝課の坂野です。

3月1日から、2019年度 新卒採用活動が本格的にスタート!
さっそく開催された、メッセウイングみえでの合同説明会「リクナビ就活開幕LIVE」に、弊社も参加いたしました。

12時の開場に向けて、まずは企業ブースをセッティング。
優しいグリーンを基調としたブースで、「とりあえず付き合ってみる」というキャッチコピーが印象的なポスターが目印です!


インターンシップにも参加してくださった気合たっぷりの方をはじめ、気になる業種だから・・・など、たくさんの学生さんが弊社のブースに来てくださいました。

人事担当の小澤主任より、スライドを見ながらライフ・テクノサービスの想いや仕事の内容、強みなどをご説明。
事業内容が多岐に渡るので、営業、事務、介護、SEなど、募集職種も様々です。
弊社の強みの1つ、自社でソフトウェア開発を行っていますので、工学部の学生さんの姿もちらほら・・・。


参加された学生さんは、「営業職をやってみたい」「事務職で考えている」という方が多い印象です。
特に学生さんの興味を引いた下記職種について、簡単に説明させていただきますね!


<営業職>

福祉用具専門相談員の資格を持つ営業マン。
福祉用具のプロとして、福祉用具・住宅改修の提案を行い、お客様の生活の質を向上するようにお手伝いをしています。


<事務職>

総務人事・経理などの一般事務から、介護保険の請求事務、三重県内でも珍しい広報など。
介護保険の請求事務は、国から介護保険の給付を受けるための業務です。
広報は、写真に写っているポスターやチラシ、会社説明会でも使用したスライドやパンフレットなどを制作しています。


<介護職>

弊社が運営する有料老人ホームで入居者様が快適な生活を送っていただけるよう、生活のサポートやサービスを提供しています。
入居者様の身のまわりの世話をする介護職員、外部との調整や施設での生活を支援する生活相談員、ケアプランの作成・調整などを行う介護支援員など様々な職種があります。


福利厚生も充実しており、資格取得支援制度・社内イベントなどがあります。
学生さんにとってまだ先の話かもしれませんが、結婚・出産後も仕事を続けられるよう、産休・育休制度もあります。(現在、育休中の男性社員も!)
また、弊社が運営している保育園もありますので、復帰後も安心♪


経営理念の1つに「人を軸にします」という言葉があります。
私たちは「人」と関わり合い、「人」を見て、共に働く仲間を求めています。
対話することで、お互いに理解を深められるよう「顔が見える採用」を目指しています。

私は中途採用ですが、新卒だった頃を思い返してみると、希望の職種はもちろん大事でしたが、そこで働いている上司や先輩の人柄、職場の雰囲気が入社の決め手でしたね。


今回、参加していただいた学生さんに「もっとライフ・テクノサービスが知りたい!」と思っていただけたなら、とても嬉しく思います。
さらに興味が湧いた方、今回来られなかった方は、ぜひ今後開催される説明会に参加してくださいね。


*******************************************************


<弊社での会社説明会(予定)>

3/9(金)・16(金)・30(金)

※3/30(金)の日程のみアスト津(津駅隣接)にて開催、希望者は一次選考(適性検査+面接あり)
※4月以降も本社での説明会を開催予定です!


<合同説明会(予定)>

3/6(火) 「三重大学 学内企業説明会」@三重大学
3/14(水) 「津商工会議所 三重の就職セミナー」@メッセウイングみえ
4/20(金) 「上野商工会議所 合同企業セミナー」@上野フレックスホテル
4/23(月) 「皇學館大学学内説明会」@皇學館大学
5/28(月) 「上野商工会議所 合同就職セミナー」@名張産業復興センター・アスピア


 【リクナビ2019で詳しい内容をチェック!】


*******************************************************


それでは、研究開発事業部 研究開発事業課の山田さんにバトンを返したいと思います。
よろしくお願いします。

研究開発

ファイル 244-1.jpg

研究開発事業課の安藤さんからバトンを受け取りました。
同じく研究開発事業課の渡瀬です。

介護施設でもセンサやAI、ロボットなどが導入されるように
なってきました。今後、様々な職種に導入されていくと思います。
また、小学生向けのプログラミング教室等もやっているようです。

写真は甥っ子が作っているもので
arduinoというマイコンボードを使用したものです。
父親(私の弟)が買い与えました。

arduinoは右側部分で、プログラムを組んでモーターの回転を制御します。
そして、中央部分でarduinoの出す信号をモーターを
回転させることができる電圧まで上げています。

組み立てキットではなく、個別に部品を買っているので
車体に対して回路の部分が大きくなってしまいました。

本に書かれている通りに作るだけでも、小学生には難しいのに
回路とプログラムの両方を自分で考えて作るのは難しかったようです。

さらに、思い通りに動かない場合、プログラム言語と電子工作の部分があるので、
どちらが間違っているかの判断がまだ無理のようでした。

4月からは中学生となり知識も増えるので電気回路やプログラムは
色々教えることが出来るかなと思っています。

研究開発事業部研究開発事業課 渡瀬から
同じ課の山田さんへバトンを送ります。

ページ移動

archive