• 株式会社ライフ・テクノサービスのブログまとめページ

    皆様いかがお過ごしですか?年中食欲の秋、伊勢営業所の賀川です。今が人生で一番皮下脂肪がついております。非常に動き辛いです。皆様は私みたいにならないよう摂生して日々を過ごして頂きたいと感じております。
    福祉用具専門相談員のブログという事で用具の事を書こうかと思いましたが、先日お伺いした先で感じた事を書かせて頂きます。
    私共、福祉用具専門相談員は半年に一度、貸与品(介護保険による)の点検及び利用状況の確認を目的とした定期訪問(モニタリング)をさせて頂いております。もちろんの事ですが、利用者様の生活環境は多種多様で、ご夫婦で暮らされていたり3世帯で暮らされてたり様々です。その中で独居という環境も珍しくありません。家族はいるが、遠方に住まわれており定期的に訪問出来ない。忙しいので電話をたまにするだけ。この様にご家族様が常時介護が出来ない実情がある為、介護保険でのサービス(デイサービス、訪問ヘルパー、訪問リハビリなど)が充実してきている一つの要因でもあります。

    例えば、「母は独居で私は遠方に住んでいてなかなか逢いに行けないが、ケアマネジャーさんが定期的に見てくれているし、毎日ヘルパーさんも入ってくれているので安心。」……100%は安心する事は出来ません。悲しいですが、今の日本の現状、人の良いお年寄りを騙し懐に入り込み悪い事を企んでいる輩が存在します。そんな輩が近付いたとしても、ケアマネジャーさんやヘルパーさんが近くにいるから大丈夫とお思いになるかもしれませんが、中には人が良いがために信用しきって騙されてから気付く、という人もいます。信用しているので、ケアマネジャーさんなどが「何か困った事とか無いですか?」と聞いたところで答えは「ありません。」となってしまいます。

    忙しくストレスばかり蓄積されてしまいがちな日本。変わるまではまだ少し時間がかかると思います。ただ変わるまでの辛抱です。自分の事や同居している家族の事で精一杯かもしれませんが、離れて暮らしている親(家族)の事を気にかけてあげて下さい。他人が偉そうな事を言っておりますが、私たち介護従事者では出来る事、引き出せる事は限られています。やはり最終的には家族の絆が一番強いのです。忙しい合間を縫って連絡してあげて下さい。定期的に話しをする事によって、ちょっとした変化に気付く事が出来、両親(家族)を守る事が出来るかもしれません。

    長々と書かせて頂きましたが、最近私が特に感じる事を書かせて頂きました。

    どうか多くの人が人生最後の時まで笑って生きられますように。

    乱文にて失礼致しました。