• 敬峰会の施設と事業と社員を紹介してます

    こんにちは 津の街です(*^^*)

    今回は、このブログをご覧の方々に向けてのメッセージです。

    (施設とは関係のない内容ですみません)

     

    私事ですが、先日、献血回数が70回に到達しました。

    私が献血をはじめたのは当時の会社の先輩の影響です。針を刺すことは痛みを伴いますが、誰かの役に立ちたい、闘病中の方に届けたい、そんな想いでずっと続けることができました。

     

    献血バスやショッピングモールなどでイベント的に行われている献血コーナーなど見かけた方もいらっしゃると思います。

    私は、70回全て津市桜橋にある赤十字血液センターへ通っています。

     

    ご存じない方へ説明いたしますと、

    献血には『全血献血』と『成分献血』があります。

    〇全血献血(400ml・200ml)は、血液中のすべての成分を献血します。

    〇成分献血(血小板成分献血・血漿成分献血)は、成分採血装置を使用して血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法です。ですから成分献血は身体への負担も軽く、多くの血漿や血小板を献血できる特長があります。

     

    (私はいつも血小板成分献血に協力しています。)

     

    《献血ができる方》

    体重男性45キロ以上、女性40キロ以上(400ミリリットルの場合は男女とも50キロ以上)

    最高血圧90以上

    年齢16歳から69歳

    その日の体調が良い健康な人  などの条件があります。

     

    献血してから次回の献血までには、定められた間隔を開けなければなりません。血液の有効期限は限られており、安定的な供給の為には継続的な協力が不可欠なのです。

     

    私個人的には回数を重ねてきましたが、

    ひとつ後ろめたいのは、私の友人・知人で一人も献血者を増やすことができていないことです。

     

     

    ぜひ、「献血者数 全国ランキング」 と検索してみてください。

    三重県が何位か知っていただきたい。そして一人でも献血者が増えるといいなと願っております。

    長文読んでいただきありがとうございました。



    敬峰会ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
    ブログの他にも、各施設の個別ページや法人概要、求人情報などを公式ホームページにて公開しております。
    ぜひご覧ください!


    [公式ホームページ]
    https://www.keihoukai.net/